★ 作り方 ★

3Dプリンタ_bonsai

3Dプリントします

サポート材10mmピッチ。PLAでノズル220度、台70度です。

2時間以上くらいかかります。敷地(トレー)も2時間以上かかります。
※PLAとは植物性由来の樹脂です。


STLデータ購入はこちらSTLデータ購入はこちら

STLデータ購入はこちらSTLデータ購入はこちら

3Dプリンタ_サポート材

余分な部分を取り除きます

サポート材をニッパーで取り除きます。
ニッパーで取り除けない細かい部分はペンタイプのグラインダーで削ってください。
グラインダーがない場合は金やすりなどで削ります。





3Dプリンタ_ニッパーでバリ取り

敷地(トレー)

同じようにサポート材を取り除きます。



3Dプリンタ_モデリングペースト

盛り上げ材を塗る

アクリル絵の具で描く際に、画面を盛り上げる材料として使われます。いろいろな種類がありますが
どれでも良いです。今回はフレキシブルモデリングペーストを使いました。乾いた後ひび割れが少ないということです。画材屋で売っています。
筆または指で原液のまま塗ります。でこぼこ感が欲しかったので薄めませんでした。

3Dプリンタ_なめらかに

なめらかにするには

モデリングペーストが乾かないうちに水をたっぷりつけた指ででこぼこをなくします。





3Dプリンタ_敷地トレイ

敷地も塗ります

筆でなくてもスプーンでコテコテ塗って後てぬれた指でこするというやり方もあります。





3Dプリンタ_紙ヤスリがけ

削ります

紙ヤスリで削ります。でこぼこ感が出したい場合は削らなくてもOKです。




3Dプリンタ多肉ハウス

ヤスリ後

紙ヤスリや金ヤスリなど使って好みのでこぼこさを作りました。




3Dプリンタ_ペイント

色塗りの材料を用意する

今回は発泡スチロールのしょうゆ皿を用意しました。20Pで50円くらい。アクリル絵の具のパレットに使います。絵の具はアクリル絵の具であれば何でもいいのですが、色を作るのがおっくうになったのでトールペイントの絵の具を用意しました。渋い色がたくさんそろっています。筆はセットで100円ので結構です。あとは紙ヤスリ、水入れ。

3Dプリンタ_色塗り

下地の色塗り

後で削ったとき下地の色がちらっと見えるようにするため塗ります。手間を省きたいときは下地は塗らなくてもOK。屋根とドア部分をくすんだ水色と緑を少し混ぜながら塗ります。

3Dプリンタ_下地カラー

外壁部分の下地カラー

壁の部分はクリーム色にところどころオレンジを適当に置きました。ラフに塗って構いません。

3Dプリンタ_敷地の下地カラー

敷地トレー

赤とオレンジでムラムラに塗ります。適当でOKです。

3Dプリンタ_メルヘンハウス

建物を塗ります

屋根とドアはこげ茶系。外壁はペールオレンジ系で塗って乾かします。

3Dプリンタ_ハウスのやすりがけ

ヤスリをかけます

風合いを出すため紙ヤスリで少し削ります。

3Dプリンタ_トレイをペイント

敷地トレーのペイント

こげ茶で塗った後紙ヤスリで削り、少し薄い茶をかすれた筆で汚します。出口の床はレンガ色。ポストはくすんだ水色を塗ります。

3Dプリンタ_ペンのグラインダー

屋根の線を削る

屋根をペンタイプのグラインダーで線をつけます。グラインダーがなければキリかクギのようなもので削ってください。

3Dプリンタ_トレイ出来上がり

トレイのペイント終了

入り口の床はレンガの模様を削ります。取ってはサーモンピンクを塗りました。少し削って風合いを出します。

3Dプリンタ_ピッチの層

トレーの裏

あえて何も塗りませんでした。3Dプリンターで作ったという証です。

3Dプリンタ_うら

建物の裏の処理

建物の裏は土で隠れてしまうのですが一応ラフに塗っておきました。

3Dプリンタ_トールペインとの絵の具

建物ペイント終了

削ったり他の色で汚したりして自分の好みの風合いを出していきます。

002_32.jpg

コート材を用意します

てかてかのニスは塗りたくなかったのでトールペインと売り場でマットニスを購入。300円くらい。マットのままが好みの方は塗らなくてもOK。

3Dプリンタ_多肉セダムハウスガーデン

マットニスを塗って完成

塗りすぎてテカテカしすぎてしまいました。少し水で薄めて塗ればよかったと反省。

3Dプリンタ_土

土を用意します

ホームセンターで200円台で買った土。室内用の軽い土を用意します。100均もあったような気がします。5回分くらい使えます。

3Dプリンタ_土ガーデン

建物に土を入れます

まず建物にスプーンなどで少しずつ入れます。押しながらつめていきます。

3Dプリンタ_ハウスミニチュア

庭の土も敷き詰めます

庭の土も押し固めながら敷き詰めます。

3Dプリンタ_セダム多種類購入

セダムを用意します。

家にも5種類くらいセダムがたくさん生えていますが、持っていない種類をホームセンターで買ってきました。
ひと鉢200円くらい。先っぽをはさみで切ります。根っこがなくても大丈夫です。セダム(マンネングサ)は多肉植物の種類なので乾燥に強く、根っこが次々出てくる強健種です。

3Dプリンタ_マンネングサ

セダムを切ります

先っぽを切りました。少し大きいセンペルビブムや多肉も混じっています。

3Dプリンタ_多肉を植え付け

セダムを植え付けます

大きいもの(センペルや多肉)を先に植えて、まわりにちいさなセダムを植えました。細かいのでピンセットがあると便利です。

3Dプリンタ_セダムハウス_ガーデニング_ミニチュア

ベランダと屋根に植え付ける

屋根には多肉ではないのですが芝タイプの植物を植えてみました。水やりは2〜3日に一回スポイトで水やりです。

STLデータ購入はこちらSTLデータ購入はこちら

STLデータ購入はこちらSTLデータ購入はこちら

利用するときの注意

小鳥の小物入れ詳細小鳥の小物入れ詳細

小鳥の小物入れ詳細小鳥の小物入れ詳細